少年ヤンガスと不思議のダンジョン モンスターセリフ集 (ドラゴン)


モンスター名 性別 信頼度低 信頼度中 信頼度高 レベルアップ
アイスピックル オス ククク・・・・・・。 オレのツメは なんでも 切りさくゼ・・・・・・。 仲間になった以上は ヤンガスだけは ねらわないでおくゼ。 もっと はやく ヤンガスの仲間に なっとけば よかったゼ・・・・・・ククク。 レベルアップ? フン まだモノ足りないゼ。
オレを仲間にするなんて ヤンガスは 見る目があるのか ないのか・・・・・・ククク。 ちょうどいい・・・・・・。 ニンゲンを 切りきざむのも あきてきた ところだゼ。 ダンジョンのお店で 売り物を持つと 店主が道をふさぐ。 かいふくする チャンスだゼ。 よし いいカンジだ。 さらに ガンガンいくゼ!
メス アタシ こう見えても 女の子なんだから もうチョット ていねいに あつかってほしいわ・・・・・・。 アタシに おまかせ。 ヤンガス君のために がんばっちゃう。 このまま ヤンガス君と ずっと いっしょに 旅するのも いいかも・・・・・・。 やったわ! アタシ レベルアップできたのね!
アタシ 戦いは あまり 好きじゃ ないんだけどなぁ・・・・・・。 ニンゲンの男の子も なかなか キュートで いいわね。 ダンジョンのお店は 売り物を持てば あんぜんに かいふくできる場所に なるわ! アタシって 悪い女の子なのかしら・・・・・・。 ううん そんなこと ないよね?
いばらドラゴン オス なんじゃ? ワシは いばらドラゴンの イバランじゃ。 メシの時間か? ワシに マゴがいたら ちょうど ヤンガスくらいの トシかのう。 ヤンガスのためなら 老体に ムチうってでも がんばるぞい! またひとつ トシを とってしまったか・・・・・・なに ちがう? レベルが 上がったとな?
おぬし・・・・・・たしか アンガスと 言ったかのう? なに ヤンガス? そりゃスマン。 ワシは じじいじゃが なーに 若いモンには まだまだ 負けはせんて。 デンデン竜を 血統に 獣系 虫系 水系の魔物を配合じゃ。 ダッシュランが 生まれるというぞい! ほっ レベルアップか。 ワシも まだまだ イケておるのう。
メス はいはい あたしゃ ローズンという しがない いばらドラゴンですじゃ。 あたしゃ 戦いは 好きじゃあないんだけど ヤンガス坊のためなら しかたないね。 マゴのように かわいい ヤンガス坊のためだからね。 どんどん かかってきなさいな。 れべるあっぷ? それは ウマいモンですかの?
ヤンガス坊は いつも 元気だねえ・・・・・・。 やれやれ・・・・・・。 おなかが すきましたのう。 ヤンガス坊 なにか くれんかねえ。 デンデン竜に 獣系 虫系 水系の魔物を配合すると ダッシュランが 生まれるらしいね。 おや なんじゃ? なんぞ 今 あたしに起こったかの?
オーシャンクロー オス さきに 言うとくけど おっちゃん ギャグには とてつもなく うるさいでー。 おっちゃんのツメ 長いやろ? まごの手 いらんねん。 どーや。 べんりやろっ。 いやー! キミには まいったなー。 おっちゃん もう こうさんや! レベルアップか? おおきに おおきに。
おっちゃんな。 じつは くろうしてんのや。 おっちゃんくろう!! ・・・・・・わらってや。 戦いも ええけど みんなで あたらしいコントの ネタでも 出しあおうや。 ダースドラゴンを血統に キラーパンサーを 配合するってえと ヘルジュラシックが 生まれるでー。 レベル 上がった! よっしゃ! けいきが ええで!
メス ジロジロ 見てると カオを バリバリ ひっかくわよ! なれあいは キライ。 でも 仲間は だいじにするよ。 な なんだい!? ジロジロ みるなってば! ・・・・・・ぽっ。 さあて。 この ツメの切れ味が どれだけ するどく なったかな。 フフフ。
あーあ。 マニキュアが はげちゃった。 あんたの せいだからね! ナマイキな 魔物は あたしが シメてやる! 血統をダースドラゴンに しておいて キラーパンサーを配合。 するとヘルジュラシックが どーん! はん。 レベルアップ? わかってるってば!
キースドラゴン オス ガルル・・・・・・。 今は 気が立っておる。 話しかけるでない・・・・・・。 やれやれ・・・・・・。 ダンジョンは コゾウのようなガキが うろついて いい場所ではないぞ! コゾウは 我が守る。 ここまできたら ほうってはおけん。 キシャアッ! 見よ レベルアップした 我を!
我を むりやり 小さな壺などに とじこめおって・・・・・・。 あとで おぼえておれよ。 コゾウ。 最近のドラゴンは 見た目ばかりで なっておらん! 我が 真のドラゴンを見せようぞ! テラノライナーを血統にカマキリっぽい魔物を 配合せよ。 クローハンズが 生まれるであろう。 キシャーーー!! 我 レベルアップせりっ。
メス 我に 命令するな。 仲間になった おぼえなどない。 やりたいように やらせてもらう。 ・・・・・・よかろう。 チカラだめしと思って お前とともに 戦ってやろうではないか。 ニンゲンのオスになど キョウミは ないが・・・・・・。 お前は トクベツだ。 レベルアップか。 我にふさわしい。
お前は 我の敵か? ・・・・・・どうやら ちがうようだな。 ヤンガス。 我の炎に まきこまれぬように 気をつけろ。 クローハンズとやらは テラノライナーに カマキリ風な魔物を 配合すれば 生まれるらしいな。 レベルアップか。 このチカラ お前のために使おう。
クローハンズ オス ボクは 戦いは ほんとうはキライなんです。 しかたなく 戦うんですからね! ああ ヤンガスさん ボクのことなら なにも 心配は いりませんよ! ・・・・・・ヤンガスさん。 ボクのことを 気にかけてくれて いるんですね・・・・・・ありがとう! ヤンガスさん! ボク レベルアップできました!! うれしいなあ。
すみません。 まだ ヤンガスさんのことを 信じきることが できていないのです。 ご安心を。 ボクの すばやい こうげきから 逃げられる者なんか いませんよ。 キースドラゴンを血統に キラーパンサーを配合するとですね。 テラノライナーが 生まれるんですよ。 レベルアップ? ボク がんばりましたから とうぜんですね!
メス 見て見て このツメ。 はやりの ネイルアートなんですよ! ああ こんなにツメが いたんじゃってる。 そろそろ お手入れしなきゃ。 ヤンガスさんのために 戦うことが なんだか だんだん カイカンに なってきました・・・・・・。 えっ レベルアップ? 私なんかの レベルが上がっても お役に立てないかも・・・・・・。
私 こんな見かけですが おとなしくて 心のやさしい 女の子なんですよ。 誰かを なぐるなんて そんな ひどいこと したくないけど ヤンガスさんのためだから・・・・・・。 テラノライナーって キースドラゴンに キラーパンサーを 配合すると 生まれるんですって! 私でも レベルアップ できるんですね・・・・・・。
樹氷の竜 オス さーて オレの相手は どいつかな? そうか お前か! オレに まかせとけよ。 ヤンガスは なんにもしなくて いいからさ。 オレが いないと ヤンガスは ダメなんだろ? いいぜ めんどう見てやるよ。 よーし いいぞ。 オレは またひとつ 強くなった!
ふふふ・・・・・・。 ヘタに オレに手を出すと しもやけに なるぜ! お前みたいなのが ダンジョンに もぐるだって? ガキは 安全なとこで ふるえてな! ふふふ オレたち ドラゴン系の魔物は クリスタルの 階段は 見のがさないぜ! これが レベルアップ? なかなか 気持ちいいな。
メス なにさ。 ウチだって ドラゴンの はしくれさ。 バカにするんじゃないよ! ほらほら ヤンガス! そんなとこで チョロチョロしてたら ジャマだよ!! できれば ヤンガスには ウチの目の とどくところに いてほしいねえ。 ウチが レベルアップ? それじゃ 次いってみよう!
なにさ ヤンガス。 ウチに 何か言いたいことでも? あんたのために 戦ってるわけじゃないさ。 ウチは 戦うのが好きなんでね。 クリスタルで できた 階段を見つけたいなら ウチら ドラゴン族に まかしとき! レベルが 上がった? ほれ ヤンガス ほめてほめて。
ダッシュラン オス ガオオォォォ! ダッシュランは 急に止まれない!! ヤンガスも ジャマ!!! ヤンガス 仲間。 ダッシュ ともに戦う。 グォォォウ。 ヤンガス ダッシュの友だち!! レベルが上がったら スピードも 上がったりしないのか?
グルルル・・・・・・。 こんな せまいところよりも もっと 広いところで 走りまわらせろっ。 ガゥゥ! ヤンガス 敵じゃない。 ダッシュの仲間!! ダッシュラン 血統に 悪魔を配合する! ドラゴンが 生まれるっ。 ギャオオウ! レベルアップしたっ。
メス ダッシュ! ダッシュ! ランランララン。 ・・・・・・あなた 誰だっけ? おっと あぶない。 仲間のヤンガスを つきとばしちゃう ところだったわ。 いつか ヤンガスと ふたりだけで おさんぽ したいな。 やった レベルアップ! 私ったら すごーい!!
るんるん・・・・・・。 おさんぽ おさんぽ うれしいな。 ジャマするヤツは けちらしちゃえ。 なあに ヤンガス? だいじょうぶ。 ヤンガスのことは ちゃんと 見てるから。 あたしたちと 悪魔系を 配合しちゃうと ドラゴンが 生まれるんだって。 うふふ 見て見て。 レベルが 上がっちゃった!
ダースドラゴン オス 私としたことが こうもあっさりと ニンゲンの 仲間になってしまうとはな・・・・・・。 ドラゴン族の中で 最高位に位置する私を 仲間に できたことを ほこるがよい! ドラゴンの中の ドラゴンたる この私に すべて まかせておきたまえ。 レベルアップか。 私には必要ない。 すでに じゅうぶんに強いからな。
私の炎からは なんびとたりとも 逃れることなど できはしない・・・・・・。 私は しかたなく お前に チカラをかしていることを わすれないで ほしいものだな。 私たちを 血統にして キラーマシンと配合し『黄金の矢』を おくると メカバーンが生まれるだろう。 いかん・・・・・・。 レベルが上がって さらに 強くなってしまったようだ・・・・・・。
メス さてさて あんたは どのくらい アタシを たのしませて くれるかねえ。 なんだい 何か用かい? ヤンガスは アタシのうしろを ついてくるだけで いいのさ。 どうしたい ヤンガス? ひとりじゃ さびしいのかい? アタシがいないと ダメだねえ。 さあ これからだよ! 次の相手は どいつだい?
ダンジョンの魔物なぞ アタシひとりで じゅうぶんだよ。 キバごたえのあるヤツが いるとこに 連れていってくれたら ヤンガスに かんしゃしてやるよ。 メカバーンという魔物は 私たちとキラーマシン そして『黄金の矢』 が合わさって 生まれるらしいねえ。 ふふふふ・・・・・・。 どうやら レベルアップしてしまった ようだねえ。
テラノライナー オス オレのスピードに ついてこれるヤツなど いない! キサマ なかなかだな。 このオレに ついてくるとは ニンゲンにしては できるヤツだ。 ははっ ヤンガス。 キサマのえものは ひとつのこらず すべて オレが いただく! レベルアップした。 さあ どんどん いくぞ!
走りには 自信あるぞ。 オレから 逃げられるヤツは ここに いるか? キサマ ひとりでは ダンジョンは つらいだろう。 なに オレに まかせておけばいいさ。 キースドラゴンは ドラゴンを血統にして ボボンガーを 配合すれば 生まれ出るというぞ。 まだ 物足りないな。 もっと戦って もっと レベルを 上げてやるぞ。
メス ごめんなさい。 あなたって あんまり 私の タイプじゃないの。 あらん。 よく見ると ヤンガスって なかなか イイオトコね。 うふふ・・・・・・。 私のヤル気は バッチリよ! うふふ・・・・・・。 レベルが 上がっちゃった!
ええー 仲間になるって あなたのために 戦うってことなの? そんなの 聞いてないよ〜。 私を たよりに してくれてるのね? なら もうちょっと がんばろうかな。 ドラゴンを 血統にして ボボンガーを くっつけちゃうと キースドラゴンが ゲットできるのよ! あっ もしかして今 私のレベル 上がったのかな?
デンデン竜 オス オラ こう見えても 戦いも そこそこ イケるんだど。 炎を吹いたりすんのも とくいだど〜。 ん? デンデン竜の デンデンて 何かって? そ・・・・・・それは たとえヤンガスでも 教えられないど! ヤンガスと オラは もはや トモダチをこえた マブダチだど! オラ レベルアップ したみたいだど。
なんだ ヤンガス? オラの壺には 魔物は入ってないど。 オラ ヤンガスの 仲間に なったんだよな? よし がんばるど! はりせんもぐらを 血統にして ドラゴン系を配合するど。 キラーパンサーが 生まれるんだどー。 デデデデッデッデ〜。 オラ レベルアップしたど!
メス モリーの壺って なに? あたしが スッポリと 入っちゃう なんて・・・・・・。 ひとあばれすると ちょうどいい ダイエットになるの。 おなか ひっこめたいのよね〜。 よく見ると ヤンガスは ニンゲンにしては 魔物っぽいカオよね。 あたしの子に ならない? レベルアップより 体重ダウンしたいわ・・・・・・。
戦いって なかなか カロリーしょうひ するのよねえ。 おなか すいちゃうなあ。 ほら あたしの壺。 なかなか いいでしょ? でも 中身は見せてあげないよ! キラーパンサーを 作りたいなら はりせんもぐらに ドラゴン系を 配合してみるといいよ。 レベルアップ? ねえ あたし また太ってない?
ドラゴン オス オレ ドラゴン。 目の前の敵 戦う。 すべて 倒す。 お前 なかなか強い。 オレ お前の言うこと 聞く。 オレ お前のこと好き。 お前も オレのこと 好きか? ギャース! オレ レベル上がった!!
オレ レックス。 とても強い ドラゴン。 お前の命令など 聞かない。 オレ お前の仲間。 お前 オレの仲間。 オレたちドラゴン 血統。 物質系 配合。 アイスピックルできる。 ギャオゥ! レベル アップ。
メス まだ あなたのこと 信じたわけじゃない。 私を うらぎったら・・・・・・グルルル。 ヤンガスは 仲間。 仲間のためなら 戦う。 ヤンガス。 あなたは なんのため 戦う? 私は・・・・・・お前のために 戦おう。 ドラゴンの私にとって レベルアップなんて カンタンなこと。
ドラゴンのチカラ あなたに たっぷり見せてあげる。 あなたを 信じよう。 私のチカラ 使うがよい。 アイスピックルを 配合で生み出すなら ドラゴンを 血統にして 物質系で決まりだ。 ヤンガス! ドラーテ レベルアップした!!
ドラゴンキッズ オス ちっちゃいからって バカに すんなよ。 オイラはもう コドモじゃないぞ。 ヤンガスには オイラくらいの 仲間が ちょうど いいよな? なあ ヤンガス。 オイラ 役に立ってるだろ? ずっと 仲間にしてくれるよな? へへんだ。 ちゃんと レベルアップ できたもんね。
フンだ。 オイラだって ドラゴン様の はしくれ なんだい! まあ見てなって。 オイラ 役に立ってみせるからさ! ビッグスロースを血統に ちっこいドラゴンを配合すると ドラゴンバケージが 生まれるよ! レベルが 上がったから もう コドモだ なんて 言わせないぞ!
メス ヤンガスは ニンゲン? あたしは ドラゴンなの。 まだ ちっちゃいけどね。 あたしと ヤンガスは トモダチ? ナカマ? それって おいしいの? ヤンガスと ずっと いっしょに いられたら いいなあ。 ねっねっ あたし 少しくらい 大きくなったかな?
きゃははははっ。 わーいわーい わーいわーい。 あたし なんで ヤンガスのナカマに なったんだっけ? ドラゴンバケージは ビッグスロースに かわいいドラゴンを 配合すると 生まれるんだって〜。 きゃはははっ。 レベルアーップ レベルアップッ!
ドラゴンバゲージ オス この壺に なにかモノが 入っていると いい息が出るのさ。 だから なんかくれ。 オレが ニンゲンの 仲間になるなんて めったにないぞ。 もっと よろこべ! この壺が ほしいのか? いくら ヤンガスのたのみでも これだけはダメだ! わはははは。 見たか レベルアップッ。
どうだ オレの壺。 なかなか イイモノだろう。 有名な とうげい家の作品だぞ。 おい ヤンガス。 そんな近くにいたら オレのハラで 見えねえじゃねえか。 ドラゴンブッシュはな ダースドラゴンと れんごくちょうを 配合すると 生まれるってよ。 もっと でかい壺を 持てるように ならないかな・・・・・・。
メス どう 私のこのボディ。 ボンボンボンッで セクシーでしょ。 戦いは好きじゃないけど せっかく仲間に してもらったんだし やれるだけ やってみるわ。 ヤンガスって ニンゲンにしておくの もったいない。 魔物になれたら いいのにね。 やった やった! レベルが 上がっちゃったわっ。
えっ この壺の中身? それは オトメのヒミツなの。 ヤンガスが 私を 仲間にしたのは なぜ? 私に ホレちゃったのかな? ダースドラゴンを 血統にして れんごくちょうを 配合するとドラゴンブッシュが生まれるの。 私 がんばったわ。 だから レベルアップできたの。
ドラゴンブッシュ オス オレさまの イバラは いちど 食らいついたら 相手が倒れるまで はなさねえぜ! うん? なんでえ。 オレさまは つぎの戦いに向けて 作戦を ねってるんでえ。 おめえ たしか ヤンガスって いったよな。 ヤンガスか・・・・・・。 いい名前だ。 おひかえなすって! レベルアップで ごぜえます!
気にいらねえなあ。 この イバラのしっぽで ぺしぺし してやろうか!? おめえ どうでい。 そろそろ オレさまの イバラのとりこに なったかい? テラノライナーを血統に フォークを持った小悪魔を 配合すると ドラゴンキッズが 生まれるってよ。 どうでい どうでい。 レベル 上がっちまってい!
メス あんたぁ〜。 ちゃーんと やしなって おくれよ。 あたしゃ ハラペコは イヤだよう。 やいやいやい。 ヤンガスに ケチつける ヤツは あたしが ゆるさないよ! はあ〜。 あんたが いないとダメなのよう。 ずっと そばにおいておくれよ〜。 やあねえ。 レベルが 上がっちまったよ。
なんだい もう。 あたしゃ イキじゃないヤツは キライなんだよ! ねえ〜ん。 足が つかれたよう。 あんたぁ。 おぶって おくれよう。 ドラゴンキッズはね。 テラノライナーに かわいい小悪魔を 配合しちゃうと 生まれるのよ! あらよ〜っと。 レベル いっちょあがり!
ベビーニュート オス ボクみたいな 子どもを こき使おうなんて ヤンガスは ひどいニンゲンだなあ。 ボクは 氷の息を 使えるんだ。 ドラゴンだからね! ボクが もっと 大きくて 強ければ たくさん キミの役に立てるのになあ。 ほっ。 レベルが ひとつでも上がれば もう安心だ!
ちっこくても ボクは ドラゴンなんだ。 それなりの あつかいで よろしく。 キミは あついのと さむいの どっちが好き? 知ってる? 『かご』の のうりょくをおぼえると 息のとどく キョリとかが 変わるんだ! やったー。 ついに レベルアップだ。 うれしくて 泣いちゃいそう。
メス ベビーは 赤ちゃん。 ニュートって なんだろう? ヤンガスは 知ってる? 仲間って なんだろう? ヤンガスといっしょに いればいいの? 仲間って 楽しいね! だれかのために 自分が役に立つって 気持ちがいいよ!! もっと たくさん レベルが上がったら リッパな ドラゴンに なれるかな?
ねえねえ わたしって ドラゴンっぽくない? 氷の息も はけるんだけどなあ。 わたし がんばるよ。 だって ドラゴンなんだもん! 『そよかぜのかご』とか はやく おぼえたいなあ。 そしたら 息がパワーアップするの! えっ レベルアップ? やった やったあー!!
ヘルジュラシック オス オマエと いっしょに いると オレサマに なにか イイコトが あるのか? ニンゲンと ともに戦う 魔物がいても べつにいいよな? 今まで ニンゲンは エサとしか 思っていなかったが・・・・・・。 オマエは イイヤツだな。 グワハハハ。 レベルアップしたら ハラがへったぞ。
ハラへった・・・・・・。 そのへんにいるヤツ てきとうに 食ってもいいか? フム・・・・・・。 オマエと いっしょにいると なかなか 楽しいかもしれない。 キースドラゴンどうしを 配合すると ダースドラゴンに・・・・・・。 不思議な話だと 思わんか? レベルアップじゃ ハラは ふくらまんなあ。
メス なんで あたしが ダンジョンで 戦わなきゃならないの。 めんどくさい〜。 ヤンガスちゃんが やれって言うなら やるけど・・・・・・。 ほんとうは 戦うのなんか きらーい。 ヤンガスちゃんとの 出会いは あたしにとって 運命の出会いだったのかも!! レベルアップしたら あたし また 強くなっちゃう。
やだなあ・・・・・・。 強そうなヤツが いっぱい いるとこには 行きたくないなあ。 なんでかな? ヤンガスちゃんのこと むかしから 知ってる気が してきたよ。 キースとキースの カップリングって モエだと思わない? ダースに なっちゃうのよ! これで ダンジョンで ラクができると いいんだけどな。
ボボンガー オス ワシの出番かの。 やれやれ よっこいしょっと。 モリーの壺とやらも なかなかのモノじゃが ワシの壺には とうてい およばないのう。 ボウズ ムリはするな。 こういったことは オトナに まかせておけば ええんじゃ。 ほっほっほ。 レベルアップとは これまた イキな はからいじゃな。
壺は 好きだが 中に とじこめるのは カンベンしてくれ・・・・・・。 ボウズみたいな ちんまいのが ひとりで 戦うのは 見ておれんからのう。 『黄金の壺』と いうものが 世の中には あるという。 入れたモノを ぶんれつさせるんじゃ。 まだまだ 戦いが 待っておるのなら レベルを 上げといて ソンはないからのう。
メス こんな かわいいボウヤが ダンジョンの中で どれだけ もつのかねえ・・・・・・。 あたしの壺に ボウヤを入れてあげようか? ・・・・・・じょうだんよ じょうだん。 おばさんに ドーンと まかしときな ボウヤ。 もっと がんばって レベルをあげといたほうが いいかねえ。
ニンゲンの子どもを そだてたことは ないからねえ。 どうしていいやら・・・・・・。 あたし ボウヤのこと 見くびってたようだねえ。 いやいや たいしたもんだよ。 『黄金の壺』を 使えば さらに すごい武器や盾を 作れそうだねえ。 おやおや? 今 あたし レベルアップしたかい?
メカバーン オス レーザー エネルギー じゅうてん開始・・・・・・。 レーザーじゅんび完了。 イツデモ攻撃デキマス。 ヤンガス 命令してクダサイ。 ルルルールルー。 ヤンガス ヤンガス ルルルルー。 経験値 かくほ。 レベルアップに 使用。
アナタの 命令は 全プログラム中 下カラ 2ばん目の ゆうせん度 デス。 アナタの 行動と 思考パターンには ムダがない。 次の行動ヲ 入力して クダサイ。 ベリアルを血統に アトラスを配合し ある特殊な石を あたえると 邪神が生まれる・・・・・・。 レベルアップかくにん。 ステータスへんこう後 再起動。
メス もくひょう サーチ中。 私の相手を 探しています・・・・・・。 私は メカビィ。 アナタの たのもしい仲間。 マスター。 命令を。 私 マスターの しもべ。 レベルアップ!! 作戦行動の 成功かくりつアップ!
作戦行動中。 用件は カンタンに! 私の敵 それは ヤンガス アナタを攻撃するもの。 ベリアルとアトラス。 そして 特殊な石をくわえることで 邪なる神が 生まれる。 レベルアップにより ステータス上昇!
メタルドラゴン オス キカイの身体 持ちても 竜の ほこりは 忘れてはおらヌ。 キカイの我を 仲間と みとめてくれるのカ? ヤンガスは 変わったニンゲンだナ。 安心せよ ヤンガス。 我は そうカンタンに 死にはせン。 お前のたてと なるだろウ。 レベルアップか。 まだ 我は強くなれるというのか・・・・・・。
ニンゲンの子ヨ。 我を仲間にして 何をしようと いうのダ・・・・・・。 我が心は キカイなり。 仲間などという がいねんは 持たヌ。 だが・・・・・・。 『レーザー』をおぼえた 我は かならずや ヤンガスの役に 立つことであろウ。 我は きゅうきょくの 強さをもとめル。 まだ 足りヌ・・・・・・。
メス ニンゲンの仲間カ。 私を使いこなせる者が まだ いたとはナ。 これより ヤンガスを 私のマスターと みとめるのダ。 さあ 命令ヲ。 私は 戦うキカイ。 マスターの命令があれば どのような 戦いも こなしてみせよウ。 レベルアップしたのダ。 また 戦うキカイとして 強くなって しまったのダ・・・・・・。
私は キカイ。 私の身体には 赤い血ではなく 黒い油が 流れているのダ。 そうダ・・・・・・。 私は 戦うために生まれたのダ。 戦う場所は えらばなイ。 私のサイキョウのワザ。 その名は『レーザー』と いうのダ。 キカイの身体でも 成長は するのダ。
メラリザード オス おうおうおう! やけど したくなかったら あんまり 近よんじゃねーぞ! どうだ? おれっちは たよりになるだろー? 仲間にして よかったなっ! ヤンガスよう。 おれっちと おまえは 心の友だ! ずーっと いっしょだぜ! なっ! ヘイヘイヘーイ! レベルアップしたぜー! イエーイ!
なんでえ なんでえ! おまえ シケたツラ してんなあ。 ヤンガスよう。 おれっち こう見えて 仲間を だいじにするタイプ なんだぜー! おれっちたち ドラゴンは 武器が好物なんだ。 はごたえが サイコーなのさ! うっひょーっ!! レベルアーップ! どうだどうだ カッコイイだろ!?
メス ヤンガスさんって ヘンな 名前。 ダメダメな におい する。 おもったよりも ヤンガスさん いいひと。 あたし きにいった。 ヤンガスさん。 あたし いちど 好きになったら けっこう しつこい。 かくごしろ。 きゃおうっ。 あたし レベル上がった!
なれなれしく するな。 ヤンガスさん まだ他人。 あたし ようじんぶかい。 あたし メラーザ。 ヤンガスさんの シモベ。 剣があったら くれ。 ドラゴン 武器が大好き。 とても おいしい。 ヤンガスさん!! あたし レベル上がった! きゃおーん!


トップに戻る