少年ヤンガスと不思議のダンジョン モンスターセリフ集 (スライム)


モンスター名 性別 信頼度低 信頼度中 信頼度高 レベルアップ
キングスライム オス ボクはねえ。 とっても えらい王様 なんだよ。 君の言うことなんか 聞けないよ。 ボクは 王様だけど キミの言うこと 聞いてあげるよ。 はっはっは。 スライムの王様である このボクに すべて まかせておいてよ。 レベルアップだ。 王様としての 格が また 上がっちゃったよ。
仲間には なったけど ボクは ボクの やりたいように やらせてもらうよ。 王様の このボクが いっしょに戦ってあげるんだから もっと カンシャしてほしいな。 ボクら スライムは 鉄で できた階段を 見つけるのが とくいなのさ! えへへ。 レベルが上がっちゃったよ。 やっぱり ボクって えらいんだ。
メス なれなれしくなくて? わたくしは スライムの女王 クイーン ですことよ! ダンジョンで 戦うのは いいダイエットに なると聞きますわ。 きっと やせてみせますわよ。 ねえ ヤンガスどの。 おケガは ありませんこと? よろしければ わたくしにお乗りになって。 レベルアップ? ちょっと 身体が重くなったかも・・・・・・。
わたくし こう見えても オンナなんですのよ。 キングじゃなくて クィーンと呼んで! わたくしのことなら 心配は ありませんことよ。 あなたは 見ていてくださればいいの。 かくされた 鉄の階段も わたくしたち スライムならば 見つけられますのよ。 うふふ レベルが 上がりましたわ。
ゴールデンスライム オス ああっ まぶしい。 自分の身体が まぶしいっ。 まぶしくて なにも見えんぞ。 私を仲間にしたのは この金の身体目当てでは なかろうな。 どうなのだ ヤンガス!? 私の身体にばかり キョウミがあると思っていたが・・・・・・。 お前は ちがうようだな。 ほっほっ。 レベルアップであるな。
やれやれ・・・・・・。 なぜ この私が このような さびれた ところに いなければならんのだ。 ニンゲンの仲間に なることと なったが・・・・・・。 どうすれば いいのだ? キングスライムを血統に メタル系の魔物と メタルキングの盾を配合 するとメタルキングが 生まれるというぞ。 私のレベルが 上がったということは まことに よろこばしいことだ。
メス わたくしの そばに いないほうが よろしくてよ。 目が くらみますわよ? ヤンガスだから 仲間になって あげたのですわよ。 本来なら ニンゲンなんて・・・・・・。 いやですわ ヤンガス。 エンリョせずに もっと近くに 来てもいいのですわよ。 レベルアップですのね。 これでまた わたくしの価値が 上がってしまいましたわ。
わたくしの 身体は なんと 金で できていますのよ! 18金などでは なくってよ。 えーと あなた・・・・・・。 そうそう ヤンガスでしたわね。 やっと 名前をおぼえましたわ。 メタルなキングが ほしいのなら キングスライムに メタルな 魔物と メタルキングな盾を 配合ですわよ。 レベルが上がると 何か 良いことがありますの?
スライム オス ボク あんまり戦いには なれてないから まちがったことしても ゆるしてね。 仲間にしてくれて ありがとう! ボクがんばる!! ヤンガスのために もっともっと 強くなりたい! もっともっと レベルアップしたいな〜。
ボクなんかじゃ キミの役に 立たないと思うけど・・・・・・。 まあ いいか。 ボクは とっても弱いスライムだけど キミのためなら やってみるよ! ヤンガスにだけ スライムのヒミツ おしえてあげる。 巻物マニアなんだ ボクたち! レベルが上がって ちょっとは 強くなったかなあ。
メス スライムだからって バカにしないでね。 いつか 強くなってやるんだもんっ。 ヤンガス ちょうしは? あたしも がんばってるんだから そっちも がんばってね! もっと ヤンガスに そばにいて ほしいなあ・・・・・・。 あたし レベルアップ できたのね。 うれしいっ。
みんな 強そうね。 ヤンガスなんか ほっといて さっさと 帰りたいなあ・・・・・・。 ヤンガスが あたしを 必要としてくれているなら なんとか がんばってみるね。 あたしたち スライムは 巻物が 大好物なの! あっ おねだりしてるわけじゃないよ? やったあ! レベルが上がったよっ。
スライムエンペラー オス キングとエンペラー はたして どちらが えらいのか 決めるべきとは 思わぬか? 我を仲間にしたこと うぬは いずれ カンシャする時が 来るであろう。 うぬは 我が ゆいいつ みとめる ゆうのうな家臣であるぞ。 レベルアップか。 まさに 我に ふさわしい 言葉よの。
我こそは スライム族の 中で もっとも とうとい存在なり。 ゲセンの者よ 下がるがよい。 よかろう。 うぬを 我の家臣として 使ってやる。 カンシャするがよいぞ。 くさったパンでも 炎で やけば まだ食えるというもの。 まあ 我のクチには あわぬがな。 よきかな。 レベルが上がれば 我のチカラも 上がると いうもの。
メス そちは 誰だ? ヤンガス? そのような名は知らぬ! わらわが ニンゲンと ともにいるなど めったになきこと。 光栄に 思うがよい。 どうやら そちは なかなかのキレ者のようであるな。 これからも たのむぞ。 レベルアップか。 うむ 苦しゅうない。
わらわは スライム族の 頂点に立つ者ぞ。 頭が高い! ヤンガスか。 わらわのチカラ見たければ ぞんぶんに 見せてくれようぞ。 くさったパンから 毒をぬくには そう・・・・・・。 火で あぶれば よいのじゃ。 わらわに かかれば レベルアップなど たやすいことよ。
スライムベス オス ボクは ただのスライムじゃないよ。 スライムベスさ・・・・・・なめんなよ! ボクが ついていれば ヤンガスも 安心して この先 戦っていけるだろ? 見てなよ ヤンガス。 あんたの敵は ぜんぶボクが やっつけてやるからさ! ふふ。 レベルが 上がったぞ。
この赤い身体は ただのスライムとは ちがうって 証明なんだ・・・・・・見てろよ! なんだい ヤンガス。 ボクなら ぜんぜん元気さ。 これからも ガンガン行こうぜ! 好物の中でも ひとつだけ 大好物なのが あるんだ! どれなのかは 魔物にもよるけどね。 見てくれ。 レベルが 上がったんだよ。 また 強くなったぜっ。
メス ヤンガスの 仲間に なっちゃったのね 私。 ちょっと はやまったかなあ。 私が いないと ヤンガス 大変そうだから てつだってあげるね。 私 がんばってるよ! ヤンガス ホメてくれる? レベルアップね! ありがとう ヤンガスさんっ。
青いスライムより 私のほうが 女の子っぽいよね? あ どうでもいいよね こんなこと。 私みたいのでも いないよりはマシ・・・・・・だよね? いいこと おしえるね。 魔物の好物の中に ひとつだけ 大好物っていうのが あるの! よーし レベルアップ! もっと がんばろうっと。
スライムベホマズン オス 戦いなんて むなしいと 思わないかい? みんな 仲良くできないかな。 他の魔物たちよりも ヤンガスと いっしょにいたほうが 楽しいね。 ヤンガスは ボクが ぜったいに 守ってあげるから 安心してね。 あっ・・・・・・。 レベルアップしちゃった。
仲間には なったけど ほんとは だれにも キズついて ほしくないんだ。 キミが キズついても ボクがいるから だいじょうぶだよ。 ゴールドマンを血統に プラチナキングを配合すると なんと ストーンマンが 生まれるんだって! レベルが上がったけど これって みんなの おかげだよね。
メス スライムベホマズンって 呼ばれるのは イヤ。 でも ベホマンも びみょうですわ。 なんとなく ベホマンも いい名前かなと 思い始めてきましたわ。 ヤンガス だいじょぶ? どこか いたいところは ない? すぐに私に 言ってね。 やりました! レベルアップ できましたわ。
もっと しっかり 私を 守ってくれないと こまりますわ ヤンガスさん。 キズついた だれかの ケガを治すのが 私のシュミなの。 もちろん あなたも治してあげます。 ストーンマンが生まれる カギは ゴールドマンを血統にして プラチナキングを配合! ですわ。 みんなのおかげで レベルが 上がりました!
はぐれメタル オス ボクのスピードに キミは ついてこれるかな!? 逃げるのは とくい なんだけど 戦いは イマイチ 自信ないんだよなあ。 ヤンガスのためだから 戦いが ニガテだ なんて 言ってられないよね。 レベルが 上がったから もうちょっと 逃げないで 戦おうかな〜。
え? ああ ボク 逃げてないよー ちゃんと 戦ってるよ。 へえ ボクに 追いつけるなんて なかなか やるじゃん! スライム族の どれかを 血統にして ボクらを配合すると なんと メタルキングが 生まれるよ! ふふふ さらに スピードアップだよ!
メス あの・・・・・・ヤンガスさん。 私のこと 敵のメタルと まちがえて ねらわないでね。 うーん ヤンガスさんの 役に立ちたいとは 思ってるけど・・・・・・。 私って 打たれ弱いのよねー。 逃げてばかりじゃ ダメだよね・・・・・・私も ヤンガスさんと いっしょに 戦わなきゃ!! レベルが上がったら 逃げ足も 速くなるかな?
きゃーきゃーきゃー! ・・・・・・あれ? ヤンガスさんか。 おどかさないでよねっ。 ヤンガスさん もしかして 私のこと 心配して 来てくれたの? 王様のヒミツ知りたい? スライム族のどれかを血統に 私たち はぐれメタルを 配合してみて! わーい レベルアップ! うれしいなったら うれしいなっ。
バブルスライム オス あんまり オレに 近づくと アンタも毒まみれに なっちまうぜ? なあ ヤンガス。 こんなオレでも アンタは ずっと 仲間にして くれるのかい? せっかく アンタの 仲間になったんだ。 できるだけ カツヤクしてやるぜ。 ははん。 オレの レベルアップが うらやましいのか?
毒って いいよな。 ラクして 相手を弱らせて くれるからな。 オレみたいなのを 仲間にするなんて アンタも なかなか モノ好きだよな。 なあ 『むこう』系の のうりょくを 配合で受けつがせた ヤツと 『融合』したら すごくね? レベル? べつに そんなもん上がっても たいして うれしくないや。
メス きれいなスライムには 毒がある・・・・・・うふふふふ。 ヤンガスさんも ためしてみる? バブルな私だけど・・・・・・。 ヤンガスさん 私のこと きらいに ならないでね・・・・・・。 ヤンガスさんのためなら 私の毒を ぜんぶ さし出しても いいわ。 こんな私でも レベルアップ できるんだ・・・・・・。
毒を食らえ〜! ・・・・・・あれ ヤンガスさんか。 まぎらわしいなあ もう。 ヤンガスさんに 仲間にしてもらえて よかった。 配合して『むこう』系の のうりょくを たくさん持った魔物と 『融合』すると ベンリよ。 ありがとう! レベルアップできるなんて 思ってなかったの。
プラチナキング オス プラチナで 身体が できてるのって すごいでしょ? ふふーん。 ニンゲンの仲間って 思ったより 楽しいなあ。 ボクが うーんと がんばれば ヤンガスも うーんと ラクに なるんだよね! うん! ボク レベルアップしたよ。
この かがやき ほかのスライムには とうてい マネできないよね。 キミが ボクを仲間に したのは お金目当てじゃないって やっと わかったよ! トルネコって人に お金を い〜っぱい あずけると イイコトあるって ウワサだよ! よーし。 レベルが上がったら なんか やる気が 出てきた!
メス 金なんかより プラチナのほうが 価値が上だと 思いませんか? 私の このプラチナの 身体が キズついたら セキニン とってくださいね。 ヤンガスさん。 私を お呼びになるとは さすが ヤンガスさん。 なかなか お目が高いです。 おや どうやら 私のレベルが 上がったようです。
なんですか? ちょっと なれなれしいですよ。 できれば 戦いは さけたいんですけど・・・・・・。 やらなければ いけないようですね。 聞きましたか? トルネコさんに お金をあずけまくると なにか もらえるそうですよ。 どうしましょう。 また 強くなってしまったようです。
べホイミスライム オス ホイミのようで ホイミじゃない。 ベホマのようで ベホマじゃない〜。 ニンゲンに べホイミ かけるのも わりと おもしろいね。 べホイミで ヤンガスを きっちり 治してやるから オイラを たいせつにしてくれよな! レベルアップ! いつか べホイミが ベホマに ならないかなあ・・・・・・。
オイラって ちゅうとハンパ なのかな? そんなことないよね? ヤンガスって じつは 魔物だったりしない? ヤンガスこぞうとか そんなの。 世の中には なんと のうりょくを 8コも持てる 魔物が いるらしいよ! やった〜。 レベルアップ おめでとう! あれ? 上がったのはオイラか。
メス なによ ヤンガス。 あなたに使う べホイミなんか あたし 持ってないわよ。 べホイミしてほしいなら あたしから あんまり はなれないで。 あら ヤンガスさん。 おケガは ない? いつでも べホイミするからね。 いいぞ あたし! ナイス レベルアップ!!
ねえねえ ベホマって やりすぎだと 思わない? べホイミで じゅうぶん だよね。 ニンゲンの役に 立ってみるというのも なかなか おもしろいものね。 ふつうの魔物と ちがって 8コも のうりょくを 持てる魔物が いるんだって! よーし レベルアップ! がんがん べホイミするわよっ。
ベホマスライム オス ベホマって とっても いいよね。 体力全快 するもんねー。 ヤンガスのために ちょっと がんばろうって気に なってきたよ。 ボクが いれば ヤンガスは ぜったいに たおれたりしないさ! うふふ。 レベルが 上がっちゃった!
あんまり ベホマにばっか たよるのも どうかと 思わない? そっか ニンゲンにも ベホマは 効くんだねー。 なら  がんばってみるかな。 ゴールドマンを血統に スライムの皇帝様を 配合すると キンキラのスライムが 生まれるよ! ボクは ベホマばかり かけてるから レベルが 上がりにくいよ〜。
メス なによ ヤンガス。 ベホマしてほしいなら もっと ケガしてからに してよね。 仲間にしてくれたのは いいけど ベホマ以外は あたしに キタイしないでね・・・・・・。 ベホマスライムの 意地にかけて ヤンガスのこと 守ってあげるよ! ヤンガス 見てた? あたしの レベルアップの しゅんかんを!
今にも 死にそうな 魔物でも ベホマをかければ アラ不思議! ヤンガスが 死なない ていどには ベホマしてあげるから 安心していいよ。 ゴールデンなスライムを 生みだすには ゴールドマンを血統に スライムエンペラーを 配合するの! ふふっ どうやら あたしのレベルが 上がったようね!
ホイミスライム オス ん? なになに。 ホイミして ほしいの? めんどくさいから またね。 ボクの そばにいれば いつでも ホイミをかけてあげるよ! ヤンガスが やられると ボクも かなしいからね・・・・・・。 ホイミは かかさないよ! レベルが 上がるって とっても うれしいよね〜。
ボクなんか 呼んでも あんまり 役に立たないよ? ホイミじゃ ちょっと たよりないかも しれないけど ないより いいよね? 『つかまる』で合体して 飛べば ワナをふまないですむけど とっても つかれるんだよね〜。 ふう やっと レベルが上がったよ。
メス ホイミは するけど 魔物たちと 戦うのはイヤだなあ・・・・・・。 ホイミくらいしか あたしは できないけど・・・・・・。 それでも仲間って 言ってくれるのね。 あたしには ホイミが あるから それでヤンガスさんを 守ってあげられると いいな。 あたしのレベルより ホイミのレベルが 上がってほしいな。
え〜 ホイミ〜。 ホイミは いりませんか〜。 ニンゲンに ホイミを 使う日が来るなんて ちっとも 思ってなかったなあ。 ワナをふまないですむ 『つかまる』合体だけど とっても つかれるの。 ごめんねヤンガスさん。 やった〜。 あたしのレベルが 上がっちゃった!
メタルキング オス メタルスライムの王様 メタルキングの メタキンじゃ。 よきにはからえ。 そちの名は・・・・・・たしか ヤンガスと 言ったか。 そちの名 おぼえておくとしよう。 おお ヤンガスか。 そちは 私のために よく 戦ってくれておるな。 なんと。 我がレベルが アップしおったか。
そちのような者が この私に やすやすと話しかけて よいと思っておるのか? ふむ そちは なかなか よく はたらく 家臣であるのう。 私たち メタルキングを おたがい配合し 『黄金のパン』を あたえよ。 ゴールデンスライムになるぞよ。 レベルアップとな。 うーむ。 たったひとつでは もの足りぬのう・・・・・・。
メス 私は メタルクィーンの キラリンよ。 いいこと ヤンガス。 私のことは 女王様と お呼び! 女王の この私に 声をかけるなんて あなた なかなか いいドキョウ してるようね。 ヤンガス・・・・・・もう あなたなしでは いられないの・・・・・・。 レベルアップ? まだまだ これじゃ足りないわ!
くすくす。 私の このメタルボディには 魔法など 通じないのよ。 さあ ヤンガス。 私のために はたらきなさい。 まずは つめたい 飲み物ね。 ゴールデンスライムは 私たち メタルキングどうしの配合に 『黄金のパン』をあたえれば よいとか。 ふふふ 私のレベルが またひとつ 上がったようね・・・・・・。
メタルスライム オス ふふっ ボクに ダメージを与えられるヤツは そうそう いないよ! なあに ヤンガス。 ボクのメタルボディ もっと近くで 見たいの? ヤンガスなら いいよ。 ボクが がんばれば ヤンガスは もっと ラクが できるよね? ふう やっと レベルが上がったよ。
ボクのメタルボディ とても キレイでしょ? ヤンガス さわらないでよね。 ボクを仲間にするなんて ヤンガスも なかなか やるね! ボクらって 経験値 たくさん持ってるから ねらわれるの。 だから 逃げ足を きたえたんだ! レベルが上がって メタルボディの かがやきが さらに アップさ!
メス アタシ 光ってる? 身体のお手入れは かかさないの。 ヤンガスに させてあげよっか。 アタシのメタルボディに ホレちゃったのね ヤンガスったら。 うふふ。 ヤンガスのために もっと ピカピカになりたい! レベルが上がったら 戦いは 楽になるのかしらね。
ニンゲンの仲間なんて めんどくさいわ。 てきとうに ウロウロしてれば いいわよね。 アタシ すばやさには 自信あるけど 体力は ちょっと・・・・・・。 でも やるしかないのね。 メタル系の魔物は 経験値 たくさん もらえるって 知ってた ヤンガス? どう? レベルが上がった アタシ さらに光ってるでしょ!


トップに戻る