少年ヤンガスと不思議のダンジョン モンスターセリフ集 (悪魔)


モンスター名 性別 信頼度低 信頼度中 信頼度高 レベルアップ
アトラス オス お前のような こぞうに この大巨人アトラスが つきしたがうと 思っておるのか バカめが! ワシは大巨人アトラス。 名は アトムンという。 お前に チカラをかそう。 なるほど 見た目の 大きさと 内にひめたチカラは かならずしも おなじではないのだな。 ほほう。 気がついたら レベルが 上がっていたようだな。
ふふん。 ワシが チカラをためれば なんでも ブッこわせるぞ。 ワシの前に たちふさがる おろか者の なんと 多いことよ! デスカイザーは ヘルバトラーに グレイトマーマンを 配合すれば 生まれるようだ。 うむ。 レベルアップしたぞ。
メス ボク ほんとうに こんな キケンな世界にいて 平気なの? 死んじゃうわよ? どうしても あたしの チカラが ひつようだってのなら 手をかしてあげると するかねえ。 えらいわね ボク。 おばさん 強い子は好きよ。 ニンゲンとか かんけいなくね。 さあて もう ひとがんばり しましょうかねえ。
あらあら あたしったら こんな ちびっちゃいボクの 仲間になったのねえ。 さすがに ボクみたいな ちびっちゃい子を ほうっておくのは 気分が悪いわねえ・・・・・・。 ヘルバトラーを血統に グレイトマーマンを 配合すると デスカイザーが 生まれるのよ! レベルアップかい? これ以上 うでっぷしが 強くなっても こまるんだけどねえ・・・・・・。
アローインプ オス おいらの 鉄の矢の いりょく 見てくれた? たいしたもんだろ! 弓矢を うつとき スキが できちゃうんだ。 きみ フォロー よろしくね。 きみの ためなら ちょっとぐらい つらくたって がんばれるんだよっ。 よしっ! レベルアップしたよ!!
ふふふ。 弓矢って いいよね。 とおくから 当てられるからねー。 矢は べんりだけど いちいち ひろうのが タイヘンなんだよねー。 盗みのテクニックだよ。 仲間を階段の上に おいといて 大部屋の巻物をよむんだ! ふふふ。 レベルが 上がったんなら もっと いい矢を うちたいなあ。
メス 弓矢って けっこう むずかしいのよねー。 ヤンガスに当たったら ゴメンね! えーと えーと。 ねらいを さだめて・・・・・・。 ちょっと れんしゅう中なの。 ほかの仲間も モリーの壺も なしで ふたりきりで 旅がしたいなっ。 じゃじゃーん! レベルアップだぞーっ。
ぽろん ぽろん。 弓を ならすと 楽しいの。 ぽろろん。 敵が とおくに いればいるほど もえてきちゃうの! 仲間を階段の上において 大部屋の巻物を使うの。 そのあと モノを盗んだら・・・・・・ウフフフ。 ねえ ねえ。 ヤンガスは レベルあがった? それとも アタシだけ?
アンクルホーン オス おじさん らんぼう者に 見えると思うけど ほんとうは そんなこと ないんだよ。 おじさん やっと ニンゲンが どういうものか わかってきたんだ。 魔物と ニンゲンも もしかしたら わかりあえる日が くるんじゃないかと 思うんだ。 おじさん けっこう 戦ったんだなあ・・・・・・。
おじさん ニンゲンと あんまり なかよくしたことないから しつれいなことしたら ごめんよ。 魔物の自分が 魔物と 戦うのは ちょっと 気がひけるけど これは ひつようなことなんだね。 ベビーサタンはね グリゴンダンスと プチやコロの こどもなんだよ。 なんだい? レベルアップってことは おじさん 強くなっちゃったのか。
メス あらあら なんだか おばさん コーフン してきたよ! ヤンぼうは きっと しょうらい イイオトコになるよ。 おばさんの目に くるいはないさね。 ヤンぼう! おばさん ヤンぼうのために がんばってるわよ〜。 きたわあ。 レベルが 上がっちゃったの。 もう 大コーフンよ。
ヤンぼう みたいな ガキンチョが ダンジョンに 行くなんて ビックリしちゃったよ。 いけないねえ。 トシがいもなく テンション 上がっちゃいそうだよ! グリゴンダンスを 血統に プチやコロを配合すると かわいいベビーサタンが 生まれるの。 おっほほほ! おばさん トシがいもなく レベルアップ しちゃったよ。
アークデーモン オス こわっぱどもが 何匹 かかってこようと わしの敵では ないわっ。 なに・・・・・・わしが キサマの仲間だと? ちがうな。 敵では ないだけだ。 ふむ・・・・・・。 キサマなら このわしを うまく あつかえそうだ。 ならば 本気で戦うとしよう。 レベルアップした この わしの いきおいは だれにも 止められんぞっ。
われこそは デーモンの中の デーモン! キサマなどに あつかえるのか? ニンゲンの子どもに わしが いいように 使われるか。 ・・・・・・まあ それも おもしろかろう。 メイジキメラを血統に スライム ドラゴン 植物 獣系を 配合すれば ドラキーマが生まれるぞ。 よろこべ。 わしのレベルが またひとつ 上がりおったのだ!
メス テンションを上げた 私の いちげきに たえられる者など いないことでしょう。 ヤンガス・・・・・・。 あなたは あまり ウロウロせずに 私に まかせておくのです。 大悪魔の私を このように 使いこなすとは・・・・・・。 ヤンガス・・・・・・おそろしい子。 大悪魔アーデーの つぎの相手は どなたですか?
なんと あなたのような 子どもが わたしを したがえると? 世も末ですね・・・・・・。 呼ばれた以上は 仲間として それなりの はたらきは しないと いけませんね。 ドラキーマは メイジキメラを血統にして スライムや ドラゴンや 植物 獣と配合です。 レベルが上がれば もはや こわいものは ありません。
エリミネーター オス オレさまの前に 立つと オノで ぶったぎるぜ! ぐわーははは! どいつも こいつも ぶったぎって やるぜー! いっぱい 食って オレさまみたいな りっぱな ムキムキに なるんだぜ。 レベルも 上がったし これからは パンツのひもを 引きしめていこう。
おめえ どうでい。 まっぷたつに してやろうか? オノが うなるぜ。 うでも なってるぜ。 さあ 敵は どこだっ!? ランドアーマーに キラーマシンを 配合するとだな。 オーシャンクローが 生まれるぜ! ぐわーははは! レベルアップか。 こいつは めでてえな。
メス あたしのために まよわず 死んで! ・・・・・・あら なんだ ヤンガスなの。 いやーん。 この世界の 魔物は みんな あたしのエモノよ! あなたには わたさないわよ! あたしのアイは はげしいのよ。 受け止めてね。 うふふ。 うふふ。 レベルアップしちゃった。
すべてを あたしだけの ものにするの。 それが あたしのアイのカタチ。 あなたも あたしの アイを 受け止めなさい。 さもなければ 死になさい。 オーシャンクローは ランドアーマーに キラーマシンを 配合することで 生まれるらしいの。 あら。 レベルが 上がっちゃったわ。 あたしのアイの たまものね。
おおめだま オス なんでかな。 オイラが見つめると みんな おかしく なっちゃうんだ。 オイラ 戦いには あんまり 自信はないけど やれるだけ やってみるよ。 ヤンガスってヘンだね。 魔物のオイラたちと なかよく するなんてさ。 でも オイラ好きだよ。 見て見て この目玉のかがやきを。 レベルアップしたんだ〜。
オイラの チャームポイントは もちろん この大きな目玉さ! ニンゲンって 目が ふたつ あるんだね。 おもしろいなあ。 悪魔系の魔物はね。 クリスタルで できた階段を 見つけるチカラが あるんだ。 わーい。 レベルが 上がったよ。 がんばったもんね。 オイラ。
メス じーっ・・・・・・。 ぷいっ。 あんた 少しは フロとか 入ったら? よごれまくってるのが 見え見えよ。 じとーーー。 ・・・・・・なんでも ないわ。 あんたのカオを 見ていたかっただけ。 レベルが上がったら なんだか 目も よくなったみたい!
なによ? ガンつけで あたいに かなうと 思ってるの? じろじろ・・・・・・。 よく見れば ニンゲンにしては 魔物好みのカオ してるわね。 クリスタルの階段を 見つけたいなら 悪魔系の仲間を 連れていくことね。 レベルアップしたのは うれしいんだけど・・・・・・。 元仲間が 倒れていくのは かなしいわね。
ギガンテス オス オラのチカラの前に 敵は ないんだな。 おいおい。 お前みたいな ちっこいのが オラと いっしょに 戦えるのか? オラのチカラが 役に立つんなら こんなに うれしいことは ないだよ! やった! オラのレベルが 上がったんだな。
ウオオオーッ!! みんな 吹き飛ばしてやるんだな! チカラだけのバカって 言われてたオラを 仲間にして こうかい してないんか ヤンガス。 オラたちを 血統にして トロルキングを 配合すると なんと アトラスが生まれるんだな! ウオッ! レベルアップ したんだな!
メス ああん こまっちゃう。 チカラが あふれて アタシ ばくはつ しそう! アタシを仲間にした アンタのチカラは いちおう みとめてあげるわよ。 さびしくなったら アタシが ギュッてしてあげるから 泣いちゃダメよ ヤンガス。 アタシったら また そだっちゃったのね・・・・・・。
ちっこい男は アタシの好みじゃ ないの。 おととい おいで! ちょっとちょっとぉ! 足元で チョロチョロしないでよ。 あぶないじゃない。 大巨人アトラスは ギガンテスと トロルキングの配合で 世の中に あらわれるらしいわよ! あら こんなもので もう レベルアップなの? 物足りないわねえ。
きめんどうし オス はい? ここんとこ 耳がとおくて よう 聞こえませんでなあ。 おうおう ヤンガスか。 マゴが できたようで じいちゃん うれしいぞい。 わしゃ もう じじいじゃが ヤンガスのために 老体に ムチ打って がんばるぞい。 ありがたや。 レベルが 上がりましたぞ。
はあ。 ワシらの杖には ふしぎな チカラが ありますけんのう。 ふーむ わしのような じじいなんぞを仲間にして ヤンガスに なにか いいことが あるのかのう。 『ミナデイン』という 魔法はの プチの勇者がう〜んと 成長した時におぼえるのじゃ! ああ・・・・・・。 こんなワシでも レベルアップ できるとは。
メス ヤンガスさん。 お昼ごはんは まだですかいのう。 このトシになって こんな ピチピチした男の子に さそわれるとは 思わんでしたじゃ。 かわいい ヤンガスの ためじゃからのう。 ばあちゃんも 気合い入れて いきますじゃ。 あんまり レベルを 上げると とつぜんポックリと いったりしませんかのう・・・・・・。
はあ ほんに今日は いい天気ですじゃ。 気に入らんヤツは この杖で ポーンと すっ飛ばすのが 長生きのヒケツですじゃ。 プチヒーローは そだてて そだてて う〜んとそだてると 『ミナデイン』をおぼえるんじゃ。 ほうほう レベルが 上がったようですじゃ。 やれば できるもんですのう。
グリゴンダンス オス 我が おどりを見て 闇の神の おおいなるチカラを かんじるのだ! ヤンガスよ。 我が おどりを さまたげるなら そなたとて ゆるしはせんぞ。 さあ ヤンガスよ。 そなたも ともに おどろう。 そして 神の国へと・・・・・・。 我が レベルが上がれば それだけ 闇の神のチカラも ふえるに そういない。
我が おどりは 闇の神へと ささげるもの。 きさまなどのために おどるとは・・・・・・。 おどれ おどれ! そして 闇の神の みもとへと めされるのだ! ドラキーマを血統にして 人形になりそうな石の魔物を配合すると ドールマスターが 生まれるのだ・・・・・・。 神の国へ また 近づくことが できたようだ・・・・・・。
メス あんたみたいなガキの お守りは やってられないねえ。 おどるのに いそがしくてさ! ほれほれ ヤンガス。 コシのひねりが あまいぞい! そーれそれ! まだまだ おどるぞい!! ヤンガスも よろこぶじゃろうしな。 ケーケッケッ。 ワシのレベルが 上がったね。 こりゃ がんばりがいがあるねえ。
ケケケッ ヤンガスが 何を言おうと ワシは おどるだけ なんじゃあ〜! ワシが いないと ヤンガスは ダメなんじゃろ? なら いっしょにいてやるさ。 ドールマスターはのう。 ドラキーマに 人形向きの石の魔物を 配合すれば いいんじゃて。 いいのかい? ワシのレベルが 上がると おどりが 止まらなくなっちまうよ?
げんじゅつし オス 気にいらんヤツは ポーンと はるか かなたへ 飛ばしてくれるわ。 もうちょい トシ寄りを いたわって ほしいものじゃ。 こんな じじのチカラでも ヤンガスの役に立つんなら そりゃもう がんばってやるぞ。 レベルアップとは いくつになっても うれしい ものよのう。
なんの まだまだ 若いもんには 負けはせん。 なんじゃ ヤンガス。 こづかいなら やらんぞ。 アトラスを血統に 牛の魔物を配合すると ボストロールが 生まれる・・・・・・じじのマメちしきじゃ。 ほほほ。 レベルというものが 上がったぞ。
メス こ この杖だけは カンベンしてくだされ。 これがないと 歩けないのじゃあ。 ほれ もっと シャキンとせんか ヤンガス。 ヤンガスは どうにも 気合いが 足りないねえ。 ほれ カーーーーッ!! うーむ。 レベルが 上がるのは ええが あの世に 近づいてる気がしてならん。
まったく こんな おババを 戦いに かりだすなんて ロクな子じゃ ないねえ・・・・・・。 そうじゃのう ヤンガスくらいの トシごろの子は おババに なつくもんじゃ。 ボストロールってヤツは アトラスに 牛のような悪魔を配合し 生まれ出ると 聞いたことがあるねえ。 おやおや わしにも まだまだ チカラが 残っておったか。
ごろつき オス オレのそばに 立たないほうが いいよ。 まちがえて やっちゃうから。 どうだい ヤンガス。 狩りを 楽しんでるかい? ヤンガスと オレで どっちが多く狩れるか きょうそうだ! オレのレベルが 今まさに 上がったところだ。
さあさあ はやいとこ 狩りを はじめようぜ。 相手が ニンゲンじゃ なくなっても オレのやることは おんなじさ。 カンダタ子分はな・・・・・・。 キラーアーマーを血統にして プチプリーストを配合すればいい。 レベルアップだ。 つぎに やられたいヤツは どこのどいつかな?
メス あたし ニンゲンが 大っきらいなの。 あんたもよ。 それ わかってて仲間にしたの? ニンゲンと 戦うのも あきたなって 思ってたところ。 なんでかな。 ニンゲンなのに あんただけとは 戦いたくないの。 あんまり強くなると 相手が すぐ死んじゃうから つまんないのよね。
今日のエモノは 何が いいかな〜。 つ 壺の中はイヤ。 がんばるから 壺には もどさないで。 キラーアーマーを血統に プチプリーストを 配合しちゃうと カンダタの子分が あらわれるって! レベルアップなんか しても しなくても 変わらないよ。
サイクロプス オス うが・・・・・・あ。 おまえ ふみつぶす・・・・・・。 おまえ ちいさい・・・・・・。 おれの うしろ かくれろ。 ごお・・・・・・お・・・・・・。 うが・・・・・・やんが・・・・・・。 かたぐるま スキ・・・か? かたぐるま してやる・・・・・・うが。 うが・・・・・・うが。 なんとなく うれしい・・・・・・。
目に ゴミ・・・・・・。 イタイ・・・・・・。 ごおお・・・お・・・・・・。 おれ キライなやつ ゆるさない・・・・・・。 スキなやつ 守る・・・・・・。 ギズモ 血統・・・・・・。 ブリザード 配合・・・・・・魔法の石・・・・・・。 フロストギズモ 生まれる・・・・・・。 レベルアップ・・・・・・? うまいか それ・・・・・・。
メス ごふごふっ。 ニンゲン ごふふっ。 小さいね。 小さくて よわいね。 ごふふっ。 いやなヤツ だれだ。 おしえろ ニンゲン。 ごふふっ。 やっつけて やるぞ。 ニンゲン 見てると おなか すく。 むね いたくなる。 ごふっごふっ。 ふしぎ・・・・・・。 ごふっ ごふっ。 レベル 上がった。
もっと 食え。 ニンゲン。 でっかくなれ。 ごふごふっ。 ニンゲンは 仲間 いっぱい いっぱいつくれ。 仲間いっぱい うれしい。 ごふっ。 フロストギズモほしい。 ギズモを血統に ブリザードまぜる。 魔法の石で きっと できる。 また でっかくなる。 レベルアップ いっぱい。 いっぱい でっかくなる。 ごふっ。
シルバーデビル オス この バーデル様の スピードに ついてこれるのか? ふふふ。 この バーデル様が 仲間になって やってるんだ。 ありがたく 思えよ! ・・・・・・どうやら キサマと この バーデル様は 相性が いいらしいな。 まだまだ! さらに レベルを上げてみせるぞ。
戦いは 速さがすべて。 そう・・・・・・そうなのだよ! キサマなどと くらべるな!! この バーデル様に 追いついてきたか・・・・・・キサマ なかなか やるな! 遠投のお守りを 装備して 草を投げてみな。 当たった相手ぜんぶに 効果があるぜ! くくくっ。 レベルアップした バーデル様に ついてこれる者は いない!
メス あまり かまわないで。 人に命令されるの きらいなの。 えーと ヤンガスを なぐっちゃ マズいんだよね? あぶない あぶない。 あたし ヤンガスの 仲間になって よかったなあ・・・・・・。 たのしくて しょうがないよ! レベルアップ! あたし がんばってるぅ!!
人のために 戦うなんて めんどくさーい。 てきとーで いいや。 ニンゲンの仲間なんて はじめて なってみたけど・・・・・・。 そこそこ たのしいかも? 仲間を1列に並べて 遠投のお守りを装備してしあわせのたね を投げてみて すごいわよ? めんどくさいなあ。 もっと サクサク レベルが 上がれば いいのに。
スペクテット オス ボクの とくいワザは アストロンさ! いいかい ヤンガス。 戦いを 決めるのは いつだって アストロンさ! ヤンガスと ふたりで いつまでも いつまでも アストロンしてたいなあ・・・・・・。 見て見て! ボク レベルアップしたよ!!
ふふふ。 あぶなくなったら アストロン! これで 平気さ〜。 ボクの アストロン ゆうめいな 学者さんにも ほめられたんだよ! デスストーカーを血統に バブルスライムを 配合すると げんじゅつしが 生まれるんだって〜。 レベルが 上がったよ。 わーいわーい。
メス キャーッ!! イヤーっ! ニンゲンだわ!? ハァーッ!! でやっ! たあ! そいやー! きゃーん!! いきなり 話しかけちゃ イヤ! でも うれしい!! レベルアーップ!! イエーッ!
ひえ〜〜〜っ! こないで! こないで!! キエーッ! いいわね? いくわよ!? アチョーッ! げんじゅつしは デスストーカーと バブルスライムの アイの成果なんですって ドキドキ! アイヤー! レベル 上がりましたっ!
タップデビル オス おぼえとけ。 ダンスは ステップが 命なんだ。 へえ・・・・・・。 なかなか いいステップ ふむように なってきたじゃないか ヤンガス。 なあなあ ヤンガス。 オレと いっしょに いつか ブロードウェイで おどろうぜ! ステップアップだぜ。 オレも まだまだ イケそうだな。
やめときな。 あんたからは おどりのさいのうは かんじられないぜ? ヤンガスも おどれよ。 はずかしがらなくても いいって。 ギガンテスを血統に 牛のような悪魔を 配合すると トロルボンバーが 生まれるんだとよ。 ふっ レベルなんか どうでもいいから もっと おどらせてくれ!
メス アタイは アタイの 好きなときに 好きなだけ おどるよ。 モンクは 言わせないよ! 命令なんて ウザいわ。 アタイは たましいの おもむくまま おどるだけさ〜。 どうせなら ヤンガスも いっしょに おどらない? たのしいわよ〜? レベルが 上がった? じゃあ よろこびのダンスでも いっぱつ おどっとくかな?
アタイのダンスは 見世物じゃ ないんだよ! これくらいじゃ まだまだ おどり足りないのさ! トロルボンバーは ギガンテスに 牛のような悪魔を 配合すると 生まれるっていうわよ。 これよ これ! レベルアップを まってたのよ〜。
つかいま オス 私は ご主人様の 忠実な しもべ。 なんなりと ご命令をどうぞ。 どうか ご主人様。 私には おかまいなく。 ご自分の道を お進みください。 おつたえ いたします。 ご主人様を 私 心より そんけいして おります。 レベルが ひとつ 上がりましたので おつたえ いたします。
私は ヤンガス様に おつかえする つかいま。 なんなりと ご命令をどうぞ。 ご主人様のため 私の身が どうなろうとも 戦いつづけましょう。 私たちが 盗んだものは そのまま持ち歩いていたり とちゅうで 落としたりすることが あるのです。 ご主人様 レベルアップ いたしました。
メス ええーっ? おつかい? めんどくさーい。 ヤダ ヤダ ヤダ! もー しょうがないな。 おつかい してあげる。 魔物と 戦えばいいのね。 おつかいは ぜんぶ まかしちゃって よいのよ。 るん るん るん! レベルが上がって ラン ラン ラン。
・・・・・・あなたは ニンゲンのくせに ナマイキ! イヤ イヤ イヤ! てく てく てく。 歩いて 歩いて がんばるの! ヤンガスも がんばるのよ! モノを盗まれても あきらめちゃダメ。 追いかけて とりかえせば いいの。 エヘ エヘ エヘ! レベルアップしたのー!
デスカイザー オス ぐふふふ。 わがはいを 仲間にするとは。 きさま みどころが あるぞ。 ここは わがはいには ヒマで しょうがない。 もっとキケンな場所へ 連れていけ。 ぐふっ ぐふっ。 きさまは おもしろいな。 カオを見るだけで わらえるわい。 ぐふふふふっ。 わがはいの レベルが上がった!
ヒマで ヒマで しかたがないから きさまの仲間に なってやったのだぞ。 弱い魔物が いくら あつまろうとも わがはいには かなわんのだ。 デビルロードを血統に アークデーモンを 配合すると バズズが 生まれるであろう。 どうだ。 わがはいの かれいなる レベルアップは!
メス くだらない・・・・・・。 仲間? この わたしが? ・・・・・・つまらない。 仲間も敵も みな くだらない。 おまえは 何が したいのです。 くだらない・・・・・・。 ニンゲンの 子どもごときに 心を うばわれるなどと。 レベルアップ? 今さら 何をよろこべと?
ニンゲンごときが わたしと 対等に クチをきけると 思っているのですか? この わたしに 何もかも まかせておけばいい。 それが いちばん よい方法です。 大悪魔バズズは デビルロードと アークデーモンを よりしろに あらわれるという・・・・・・。 ふん・・・・・・。 ひとつ レベルが上がっただけで 何か 変わるとでも?
デスストーカー オス うひひひ。 つぎは どんなふうに 相手を いたぶって やろうかな。 おい ヤンガス。 オレへの命令は 死ぬまで追って!だ。 なに? そんな命令はないって? おっと これはこれは ヤンガスのアニキ。 今日も りりしく カッコいいでげすな げへへへ。 よしよし。 レベルが 上がったんなら もっと だいたんに 行こう。
オレに ねらわれて 生きのびた者は いないのさ。 おまえの命令で 戦うなんて ゴメンだね。 しかたなく やってるだけさ。 カンダタ子分を血統にし プチヒーローを配合 そしてある 石をおくると なんとあの人が! うひひ。 レベルアップしちまったぜい。
メス ねらったエモノを じっくり じわじわ 追いかけて じらしてから やっちゃうの。 あたし 仲間なんて 持ったことないから ヘンなこと しちゃったら ゴメンね。 安心して。 あなたに とどけるのは 死じゃなくて あたしのラブだから。 レベルアップなのね。 あたしが 死をつげた者が もう こんなに・・・・・・。
あたしは 死をつげる者。 不吉な女と 言わないで。 ヤンガスも あたしに 追いかけてほしいみたいね。 いいわよ お安いご用。 カンダタ子分に プチヒーローを配合するときに ある石を おくってみて ふふ。 死んでいった者の たましいの分だけ あたしは 強くなってしまうのね・・・・・・。
デビルロード オス ニンゲンのために 戦うなど バカげているが しかたあるまいな・・・・・・。 ふむ・・・・・・。 これから なかなか よい戦いが 楽しめるヨカンが してきおったぞ。 悪魔であるワシも キサマに きらわれるのは ちょっぴり こわいな・・・・・・。 レベルアップか。 ひさしく 忘れていた ことばだ。
ワシに むやみに 話しかけるな・・・・・・。 命を落としても しらんぞ。 ふむ どうだ。 ワシの たのもしさが 身にしみて きただろう・・・・・・。 闇の司祭を血統にして おどりのうまい魔物を 配合すると タップデビルが 生まれるという。 おお ワシの レベルが 上がったようであるな。 うむうむ。
メス このワタクシに 命令しようなどと 思わないほうが よろしくてよ? お下品な 子どもでも なかなか やるようね。 見直しましたよ ヤンガス。 あなた 魔界に来て ワタクシの ペットになりなさい。 そのほうが しあわせよ。 おほほほほ。 レベルアップは 貴族のたしなみ。 ほほほ。
ワタクシは悪魔の貴族。 仲間になったとて ニンゲンふぜいに さしず されません。 まいりますわよ。 貴族の ほこりに かけて すべての敵を たおしに行きます! タップデビルは 闇の司祭が おどりの上手な魔物と くっつくことで 生まれるみたいよ? んまーっ。 レベルアップ したようですわ。
どくやずきん オス 毒矢は ひきょう? ふっ なんとでも 言うがいいさ。 ふっ。 まだまだ うちたりないんだ。 オレの矢は 止まらないぜ。 オレが うしろにいると ヤンガスも 心強いだろ? へへっ 言わなくても わかるぜ。 ふふっ。 レベルが上がったオレに こわいものは ないぜ!
オレの矢には 毒が ぬってあるんだぜ。 おまえ 知ってたか? やっぱ 戦いは スマートに いかなきゃな。 なぐりあうなんて バカのすることさ。 オレらを血統にして アロードッグを配合するとな・・・・・・。 ドッグスナイパーが 生まれるんだ! レベルアップ? そんなの しなくても オレは 強いのにな。
メス あの・・・・・・。 あんまり カオを見ないでください。 自信ないんです。 相手に 近くで カオを見られなくて すむので 弓矢を武器に えらんだんです。 ちょっとだけ 自分に 自信がついてきたような 気がします。 ヤンガスさんの おかげです! レベルアップです。 ヤンガスさんのおかげです。
人前に カオを出すのが 恥ずかしくて ずきんをかぶって いるんです・・・・・・。 ヤンガスさんでも どうどうと カオを出しているんだから あたしも きっと平気ですよね・・・・・・。 ドッグスナイパーは あたしたちと アロードッグのコラボで 生まれるらしいです。 レベルが上がれば もっともっと 自分に 自信が 持てるようになるかな。
ドルイド オス どうした 若いの。 わしに 何か用か? いかなるときでも ニヤニヤ わらっておれ。 まず 心で 敵に勝つのじゃ。 ふむっ。 若いのは ずいぶん スジがよいな。 きたえれば わしのようになれるぞ。 レベルが 上がるたびに 若がえれば いいのにのう・・・・・・。
なんじゃ。 わしゃあ わしのやりたいように やるんじゃ。 ほっとけ。 よいかな 若いの。 どの敵から たおすかが 戦いでは だいじなのじゃ。 コロマージを血統にして わしら ドルイドを 配合してみい。 プチマージが 生まれるらしいのじゃ。 なんじゃ? おお これがレベルアップと いうヤツか!
メス ふへえ〜。 どうも コシが いたくてたまらん。 もう 壺に 入れておくれ。 悪さする 魔物は 杖で おしおきしてあげるよっ。 ビシビシッと いきますわい。 めんこいねえ。 この子は めんこいねえ。 クチに入れても おいしそうだねえ。 おやおや 誰か レベルが 上がってますよ。 やだよ。 あたしじゃ ありませんよ。
へん! あいにく ひとりで 歩けますわい! おせっかいは やめとくれ!! ほれ ヤンガス。 おばあちゃんの ちえぶくろ よーく 見ておいで。 プチマージってヤツは コロマージを血統にして ドルイドを 配合すると できるらしいねえ。 ああ また すこし おむかえが ちかづいたねえ・・・・・・。
トロル オス あ。 私 ジャックと いいます。 よろしく お願いしますね。 私は お仲間の ジャックですよ〜 まちがって こうげき しないでくださいね。 テンション上げて ドカンと いきますよ。 見てて くださいね アニキ! 聞いてください。 私ね レベルアップしたんですよ!
あ どもども。 はい テキトーに がんばってますよ。 そちらも がんばってくださいね。 あの これからは ヤンガスさんのこと アニキって 呼んでもいいですか? やばいと思ったら ツルツル床で 相手から はなれて テンションためですぜ アニキ! ほめてください。 私 レベルが上がりました!
メス おなか すいたなあ・・・・・・ なんでもいいから 食べたい気分。 ヤンガス〜。 あたし おなか すいたよ〜。 仲間は 食べちゃダメなの? ああっ ヤンガスだ。 がんばってるよ〜 あたし。 だから クビにしないでね〜。 レベルアップじゃ おなか いっぱいに ならないな・・・・・・。 ここの魔物 おいしくないし。
なによ あんた。 ヤンガス? 誰それ 食べていいの? おいしい おいしい しもふりにく 食べたいなあ・・・・・・。 あっ 今のは じょうだんだよ〜。 ツルツル床で うまく キョリをとって テンションためて ドカンと いっちゃうと いいよ〜。 あらら あたし また 強くなっちゃったのね。
トロルキング オス オレは トロルの中の トロル! トロルキングさまだ! そうだな。 お前は キングのひとつ下の プリンスの 位をやろう! よし こうしよう。 お前は今から ヤンガスキングとして オレとおなじだけ えらいってことで! どうだ。 レベルの上がった オレは かがやいているだろう!
キングって 名前が ダテじゃないとこ 見せてやろうっ! キングに命令を出すだ? キングより えらいヤツなど おらん! 配合のとき 魔石と よばれる石を おくりものにすれば 魔王クラスの魔物が生みだせるらしいぜ! ふふっ。 オレにとって レベルをひとつ 上げることなど たやすい!
メス わらわはトロルの女王。 トロルキングではない。 よきにはからえ。 うむ ヤンガスよ。 そちは なかなか よく気がつく 家来であるぞ。 くるしゅうない。 のう ヤンガス。 そちは トロルキングになってみる つもりは ないかえ? レベルアップとは また いきな はからいじゃの。 うむ 気に入ったぞ!
ぶれいな!! わらわに それ以上 近づくでない! ヤンガスよ。 わらわは ちぃとばかり つかれたぞ。 なんとかせぬか ほれほれ。 魔石を しっておるか? それがあれば 配合で 魔王クラスの 魔物を 生みだせるらしいざます。 ほほほ よきかな。 わらわのレベルが かようにして 上がったとは めでたきことよ。
トロルボンバー オス オレの目の前に 立つヤツは ぜんぶブッ飛ばす! オレの こんぼうの いちげきで みんな ぶっ飛ばして やるから 安心しな! へへっ。 オレにも 守りたいものが できたぜ。 ヤンガス おまえのことさ! まだ 足りねえ! もっと ブンなぐって レベル 上げまくるぜっ!
オレのパワーは 岩をも くだくぜっ! へへっ どこのどいつが 来ようと オレの相手じゃないぜ! アンクルホーンを血統に キングマーマンを 配合してみろ。 ヘルバトラーが 生まれちまうぜ! へへっ。 レベルアップだぜっ!
メス あ〜ら あ〜ら。 ちびっこいのが いっちょまえに 仲間ですって? あ〜らら。 ヤンガスちゃん。 もう おねしょ しないの? あらっ はずかしがっちゃって。 ちびっこのくせに がんばっちゃって・・・・・・。 ヤンガスちゃん かわいいわ〜。 ヤンガスちゃん。 よく ごらんなさい。 これが レベルアップよ。
あら〜っ。 あたくし ニンゲンの命令は 聞きたくないのよ〜。 ごめんね〜。 あ〜ら いいカンジに やる気に なってきたわよ〜。 元気にがんばりましょ〜。 ヘルバトラーなら アンクルホーンを 血統にして キングマーマンと 配合でオーケーよ。 あ〜ら〜。 レベルアップだわ〜。
ドールマスター オス 魔物相手に オレの芸が ウケるか とっても不安なんだが・・・・・・。 今まで 人形以外に トモダチ いなかったんだ オレ・・・・・・。 ヤンガスと オレは もはや マブダチだよな? そうだと 言ってくれぇ〜! レベルアップか。 これも オレの芸が ウケたからだな。
仲間になったからって そう ホイホイと オレの芸は 見せてやらないぜ? なんで 人形から 火を ふけるかって? タネあかしは カンベンしてくれ。 ブラックルーンを血統に おどりの得意な魔物と『踊り草』で グリゴンダンスが 生まれるってさ。 ちがうんだ! オレのもとめている 強さは こういうんじゃないんだ!!
メス 話しかけないで! 今 いいネタを思いついたところなの。 あんまり ウケが悪いと 火を ふいて ごまかしちゃうのが あたしのクセなの。 あたし これからは ヤンガスせんぞくの 芸人に なってもいいわよ。 やった レベルアップね。 この しゅんかんのために がんばってるのよね。 あたし。
うーん これからは 魔物相手に ウケをとらないと いけないのね・・・・・・きっついわあ。 ねえ ヤンガス。 あたしの 新ネタ 聞きたい? ・・・・・・やっぱ おあずけ! ブラックルーンと おどりをおどりし魔物 そして『踊り草』 からグリゴンダンスが みちびかれる・・・・・・。 レベルアップを いっしょに よろこんでくれる仲間が いるって なんか いいよね・・・・・・。
なぞの神官 オス ・・・・・・うるさい。 ワシに 話しかけるな。 ほう? このワシを 仲間だとぬかすか。 おもしろいコゾウだ。 ふむ・・・・・・。 キサマは ニンゲンにしては なかなか 魔物の心理を 知っているようだな。 フハハハハッ。 ワシのチカラが また上がったぞ。
かんちがいするな。 ワシは キサマなどと なれあう つもりはないのだ。 ワシのチカラが それほどに ひつようか? ククク・・・・・・いいだろう。 ダックスビルに ワシを 配合すると メイジももんじゃが生まれるという・・・・・・なぜだ!! フフフフ・・・・・・。 もはや ワシに敵はないな。
メス 私が つかえる神・・・・・・。 それは・・・・・・うふふふふふ。 ヤンガスよ。 そなたを 我が神の初めての ニンゲンの使徒と しましょう。 ヤンガスを 神の次に 私が つかえる者として みとめます。 私のレベルが上がれば 我が神も さぞや よろこんで くれることでしょう。
さあ 神にささげる うたげの始まりです・・・・・・。 ヤンガスよ 私とともに 神に 祈りましょう・・・・・・うふふふ。 ダックスビルを血統に なぞの神官を配合すると メイジな ももんじゃが生まれます。 私の神官としての位も これで上がりましたね うふふふ。
バズズ オス 我は 大悪魔バズズ。 死をおそれぬ者いるならば 我と 戦うがよい・・・・・・。 クックック・・・・・・。 ニンゲンの子に 我が したがうか。 それもまた おもしろい・・・・・・。 大悪魔バズズの 名において そなたの敵を ほろぼすと約束しよう。 レベルアップか。 心地よいものよなあ。
我に手を出したこと じごくで くやむことになると 思い知らせてやる! 我をしたがえるというなら それに ふさわしいチカラを 見せてもらわねば ならんぞ。 フフフ エリミネーター プラス バーサーカー イコール デスストーカー。 意味がわかるか? フフフ・・・・・・。 我の悪魔としての格が またひとつ 上がったようだ。
メス クスクスクス・・・・・・。 私を仲間にできたって ほんとうに 信じてるの? おバカさんね。 こまったわね・・・・・・。 なんだか あなたを ほうっておけなく なってきたわ。 悪魔としてはダメなこと だとは思うけど 私はヤンガスのために 戦うことに 決めたわ。 また強くなったわね。 大悪魔から ちょー悪魔になれたかな。
私は そのへんの ザコ悪魔とは ちがうのよ。 それなりの たいぐうを もとめるわ。 私のそばに いたいのは わかるけど それじゃあ あなたが 強くなれないわよ? エリミネーターを血統に バーサーカーを 配合するとね。 デスストーカーが 生まれるのよ。 おそいわ! もっと はやく レベルアップできると 思ってたのに!!
パペットこぞう オス 私の芸を みとめて くれたのは ありがたいのですが・・・・・・。 こんな子どもが マネージャーとは。 この人形たちはね じつは 生きてるんですよ・・・・・・。 うふふふ・・・・・・。 ヤンガスさんに ついてきて せいかい でしたね。 私の人気は ウナギのぼりですよ! レベルが上がっても この人形は 変わらないから キタイしないで くださいね。
しまったなあ・・・・・・。 こんな ボロい じむしょに 入ってしまうなんて。 私を ひきぬくとは あなた なかなかの びんわん プロデューサーですね! 『かべこわし』や つるはしで 階段への道を作って 盗み逃げです。 あまり成功しませんが・・・・・・。 レベルも上がったし 新しいネタを しこまないと いけませんねえ・・・・・・。
メス ダンジョンでは ちゃんと お昼には おべんとうが 出るんでしょうね? 私のストーリーで みんなを 楽しませてあげるわ。 それが 生きがいなの。 あなたを あたしの 人形に してみたい・・・・・・うふふ。 よ〜し ますます がんばっちゃうわよ!
あたしの芸は あなたみたいな お子様に見せるために あるんじゃないんだけどな・・・・・・。 ねえ 見て見て。 この人形 私の手作りなの。 よく できてるでしょ? かるい盗みテクよ。 あらかじめ 『かべこわし』や つるはしで 階段への道を作るの。 あら レベルアップね? これで お客さんの おぼえも よくなったかしら?
びっくりサタン オス さーて どんなヤツが オレ様と いっしょに おどって くれるかな? せっかくだからさあ。 ヤンガスも いっしょに おどっていかね? どしたい ヤンガス。 おどりが 足りないかい? ますます おどりに みがきが かかっちまったぜ!
オレの おどりを見て びっくり しやがれ〜。 みんなで おどれば この世は たのし! オレたち 悪魔系は 杖に 目がないんだ。 ホントだぜ? ヒュ〜 レベルアップ! いいね いいね ノッてきたぜ!!
メス さあ ダンシングよ。 私も あなたも だれもかれも みんなで ダンシング! ダンシング チャンス! 今こそ 私のダンスを 見せるとき? ヤンガスさんのために ダンシング レボリューション! あら 私のレベルが 上がっちゃったみたいね。 よーし もっと がんばるわよ!
私のことは ほっといて。 ダンスできれば 他には何も いらないから! もっとよ。 もっと みんなに 私のダンス 見てもらわなきゃ! 杖が 大好きなの。 私たち 悪魔系の魔物は みんな 杖なら よろこんで 受け取るわ。 もう レベルアップ? ダンスしてると 時間を わすれてしまうわね!
ブラックルーン オス 黒は ヤミの色。 そして ぜつぼうの色だ・・・・・・。 おまえが 次の イケニエか? 我が仲間と なりし者は ヤミに 守られるであろう・・・・・・。 ヤミのチカラが いつも ヤンガスとともに あるように・・・・・・。 レベルが上がる・・・・・・。 ヤミが さらに ふかまる・・・・・・。
おお ヤミのチカラよ! 我が呼び声に こたえよ! さあ・・・・・・。 ヤミのチカラ ためしてみようか。 ひひひ・・・・・・。 かげのきしを血統にし 牛のような悪魔を 配合するのだ! 闇の司祭が 生みだされるだろう。 レベルアップには イケニエは いらんのか・・・・・・?
メス 仲間・・・・・・? アハハハハ! 仲間だと!? ヤミのチカラ・・・・・・。 まだまだ こんなものではない。 ハハハハハ! ヤミは・・・・・・おまえを・・・・・・ わが 主と みとめた・・・・・・。 ククッ。 アハハハハ! レベルだっ! レベルが上がった!
・・・・・・ぶつぶつ。 ニンゲン・・・・・・今に みていろ・・・・・・。 ・・・・・・みな ヤミに ひれふすがいい・・・・・・。 ぶつぶつ・・・・・・。 闇の司祭が ほしいなら かげのきしを血統に 牛の魔物を 配合してみることだ・・・・・・。 ・・・・・・レベルアップ。 ぶつぶつ・・・・・・。
ベビーサタン オス なんだよ オイラに命令する気か? そんなの 聞かないもんね〜。 もっと リッパな悪魔に なるために しかたなく ヤンガスに きょうりょく してるんだぞ。 ヤンガスとは もう 何年も前から いっしょにいる 気がしてきたよ! やったね レベルアップだ! ちょっとは 大きくなったかな?
オイラは こんなに ちっこいけど これでもリッパな悪魔なんだぞ! ヤンガスってさ 仲間っていうより 友だちってカンジ。 悪魔っぽいカオしてるし! メイジももんじゃは 『とうぞくのはな』を おぼえるんだ。 落ちてるアイテムの位置が マル見え! レベルが 上がったから すっごい 呪文 使えないかなあ・・・・・・。
メス わたしのことが好きなら もっと だいじに してください! わたし 今のところ ヤンガスさんのことは 仲間としてしか 見ていませんから。 ヤンガスさんは わたしのことは どう思ってます? たよりになる仲間? それとも・・・・・・。 あといくつ レベルが 上がったら ベビーをそつぎょう できるのかなあ。
ベビーって名前だけど わたし もう子どもじゃ ありません。 レディとして あつかってほしいの。 このまま あなたに ついていって いいのかなあ? しあわせに なれるのかな。 『とうぞくのはな』が あれば アイテム探しも ラクよ。 メイジももんじゃが おぼえるの。 えっ レベルアップ? わ わたしは そんなに みんなを こうげき してませんけど・・・・・・。
ベリアル オス くだらん・・・・・・。 こんな 小さき世界の戦いのために 我を 呼び出したのか。 死へのとびらは いつでも 我が 手のうちに。 おそろしいか? ふふふ。 我が したがう ニンゲンは この先も ずっと おまえ ひとりだけだ。 レベルなど とうに 上がりつくしたと 思っておったが・・・・・・。
我も ヒマではない。 さっさと ことをすませて 魔界に もどりたいのだ。 我に はむかう魔物は ほろびゆくのみ・・・・・・。 おろかな者どもよ。 ボストロールを血統にし デスストーカーを 配合してみよ。 トロルの主が 生まれるであろう。 いかんな。 うっかり レベルを上げて しまったぞ ふふふ。
メス 我を 仲間にしても 心までは したがわぬぞ。 ひよわな ニンゲンが この戦いをどう 切り抜けるか キョウミが わいてきたな。 おもしろい・・・・・・。 おもしろいぞ ニンゲンよ! もっと 我を 楽しませろ! ほう・・・・・・。 レベルアップ したようだな。
命令は 聞かぬ。 おのれの 心のまま 我は すべてを ほろぼすのみ。 我が 戦うは 我がほこりを 守るときのみ。 しかと こころえておけ。 トロルキングは ボストロールと デスストーカーの コドモだという ウワサだ・・・・・・。 すまぬな。 レベルが上がってしもうた。 また お前と 差がついたな。
ヘルバトラー オス だんなさま。 よそ見を なさいますと おもわぬケガを いたしますよ。 いかがでしょうか。 わたくしの はたらきぶりは。 だんなさま。 わたくし 命はてるまで ぜひとも だんなさまに おつかえしたいと 思います。 だんなさま。 わたくし レベルアップいたしました。
ご用が ございましたら なんなりと おもうしつけ ください。 どんな お客さまでも この わたくしが おもてなしします。 ふっふっふ・・・・・・。 ある特別な石を おくりものにすると ???系の魔物を 配合できるそうです。 だんなさま。 ふうむ・・・・・・。 レベルが 上がったようです。
メス はるか ご先祖さまは かの魔王にも おつかえしたのに。 おちぶれた ものです。 わたくしの 主人として はずかしくない ふるまいを して いただきたいものですね。 ほほほ ヤンガスさま。 今日も ごきげんうるわしゅう。 まあ まあ まあっ! レベルが 上がってしまいましたわ!
ああ なんてこと。 まさか こんなニンゲンに 仲間にされて しまうなんて! ヤンガスさま。 モタモタしていないで はやく 目的をはたしましょう。 ???系の魔物を 配合したいのなら ある特殊な石をおくりものにしてみては いかが? おほほほほ。 かれいなる レベルアップを とくと ごらんあれ〜!
ボストロール オス オレの 手下たちは この ボスをおいて どこに いっちまったんだ!? 仲間のめんどうは オレが みてやるぜ。 なんたって ボスだからな。 おめえは ボスの次に えらい ボスジュニアだ。 どうだ。 うれしいだろう! レベルアップしたぜ! ボスとして!!
オレは ボスだ! おめえの さしずは 受けねえ。 むしろ おれが 命令する! ボスの パンチは ぼすっと ボディに決まるんだぜ! ぐへへっ。 エリミネーターが ほしいのなら ごろつきに くびかりぞくを 配合しれみろよ。 ボスっぽく ここらで レベルを 上げちまうぜー!
メス トロルと トロールは いわば 分家と 本家。 トロールが えらいんざます。 じゅるる・・・・・・。 ヤンガスは とおーっても おいしそうざますねえ。 ヤンガスには トロール族の みんなが ついているざます。 レベルが上がると ヨダレ だらだらざます。
トロールの ボス。 つまり リーダーである ワタクシは えらいんざます。 ぐへっ ぐへっ。 おなかが すいたざます。 くさった肉が 食べたいざます。 ごろつきを 血統にして くびかりぞくを 配合してみると エリミネーターが 生まれるのざます。 ぐへへっ。 レ レベルアップざます〜!
マペットマン オス このまま ずっと フリーでいるのも きついからね。 キミのもとで がんばってみようかな。 ひらめいた! ヤンガスを人形にして 使ったら もっと ウケそうなヨカン! ヤンガスとの コンビで 再デビューするのも いいかも しれないなあ・・・・・・。 戦うチカラよりも 芸を みがきたいところだな。
おなじ魔物相手に 芸を見せるのは ちょっと そうてい外だったなあ・・・・・・。 なにごとも けいけん。 この戦いをもとに いいネタを 思いつくかもしれないしね。 ボクたちを血統にして スライムやスライムベスを 配合すると ドルイドが 生まれるって話さ。 レベルアップか! これで もっと いいブタイに 立てるかなあ。
メス わたしのストーリー 気に入ってもらえると いいなあ。 左手を ポッピちゃん。 右手を シュロさんに してみたら ポッタル族にも 大ウケかな? 左手にヤンガスくん。 右手も ヤンガスくんに したいな。 あれ? それじゃダメかな・・・・・・。 よーし これで 次のライブも まんいんに できそうね!
こんど ヤンガスくんに ふたりだけの ヒミツのストーリー お話しちゃおっかな。 左手を トルネコさん。 右手を ゲルダちゃんにしたら ヤンガスくんも うれしい? マペットマンを血統に スライム スライムベスを 配合すると ドルイドが生まれるの! レベルアップしたんだし ギャラも ふやしてくださいね!
ミニデーモン オス ヤンガス・・・・・・。 小さいからって オイラのこと バカにしてるモン? ヤンガスの仲間だと 友だち 増えて たのしいモーン。 ヤンガスは友だちだから ヤンガスを いじめるヤツは オイラが ゆるさないモン!! レベル上がった! アークデーモンに ひとつ 近づいたモン!
オイラが リッパな 悪魔だということ みんなに みとめさせるモン! オイラ 悪魔なのに なんでヤンガスは 友だちに なってくれたんだろう・・・・・・。 オイラが 盗みのテクを 教えてあげるよ。 『ルーラ』を使って 階段のそばに出るまで がんばれ! レベルアップ しちゃったモーン!
メス うっとうしいモン。 話しかけて こないでほしいモン。 ニンゲンの仲間なんて なかなか なれるモンじゃないモン。 せっかくだから つきあうモン! アタシ ヤンガスの 役に立ってるかモン? ダメなら もっと がんばるモン!! めざせ 大悪魔! ・・・・・・だモーン。
アタシが アンタの 仲間になったのは タダの気まぐれ なんだモーン。 そろそろ アンタを アタシの仲間と みとめてやっても いいかモーン。 お店から なにか 盗んだら 『ルーラ』で飛ぶの。 会談のそばに出れば シメたモーン。 レベルアップだモン! アタシ 強くなったかモン?
闇の司祭 オス この世界を 闇に おとしいれることこそ 我が使命! きさまも いずれ 闇に 心をささげるだろう・・・・・・。 闇の世界を 作り 我が友 ヤンガスと ふたり すべてを 支配してくれよう! レベルアップは オマケなのだ。 闇の世界こそが 我が目的。
闇の 美しさ。 そして 気高さ・・・・・・。 ニンゲンとは わかりあえぬ。 命の光など いらぬ。 すべてを 闇と 消してやろう! マクロベータを血統にし ダークナイトを まじえれば ブラックルーンが 生まれるのだ・・・・・・。 フフ・・・・・・。 また 闇が ふかまった・・・・・・。
メス 祈りましょう・・・・・・。 闇に 祈りを ささげましょう・・・・・・。 さあ・・・・・・ すべての者を 闇のもとに ひれふさせるため まいりましょう・・・・・・。 祈りましょう・・・・・・。 そなたに めぐりあえた よろこびを 闇に 祈りましょう・・・・・・。 レベルが上がった よろこびを 闇に 祈りましょう・・・・・・。
おろかな ニンゲンよ。 我がチカラ そなたには あつかいきれませんよ。 おお・・・・・・。 闇のチカラ あふれてくる。 わたしに あふれてくる・・・・・・。 マクロベータに ダークナイトを配合すると・・・・・・ ブラックルーンに 生まれ変わる・・・・・・。 これが 闇のチカラ。 あたらしい 闇のチカラ・・・・・・。
リリパット オス ヤンガスみたいに なぐるなんて やばんなことは オレは しないのさ。 ほら ヤンガス。 せなかが ガラ空きだぜ! ゆだん すんなよ!! あんたのためだと思って うつと 矢が よく飛ぶように なるんだ。 レベルアップか。 そろそろ 木の矢は そつぎょう したいが・・・・・・ムリか?
あんた オレの矢の とどかないとこに いたほうがいい。 オレにも ミスはあるからな。 オレは 役に立つだろ? 飛び道具ってのは イケてるはずだ。 矢は ダッシュで 上にのって『あしもと』からひろえば 矢の束にまとめずに ひろえるんだ! レベルが 上がった オレの矢は むてきだぜ!
メス あたしの矢で みんな イチコロよ! そのうち ヤンガスも・・・・・・ね。 あたしひとりでも じゅうぶん 戦えるわ。 あなたの手は かりないわよ。 ヤンガス・・・・・・あたしを 気にかけてくれるの? いい人ね・・・・・・。 やったわ。 レベルアップよ!
あたしは 森の妖精! 弓矢で あなたのハートを 射抜くの! とおくの敵は あたしが しとめるから ヤンガスには近いのを やっつけてもらうのが いいかな。 あのね 矢の上にのって 『あしもと』でひろえば 矢の束に まとめずに ひろえるの! レベルアップで あたしのみりょくも アップ!


トップに戻る